Dynamic Variation:
Offers
x

There was not an exact match for the language you toggled to. You have been redirected to the nearest matching page within this section.

Choose Language
Toggling to another language will take you to the matching page or nearest matching page within that selection.
Search & Book Sponsored Links
Search
or search all of Norway
Oslo
Norway. Powered by Nature.
Photo: Sherpa Film AS/Visitnorway.com

ノルウェーについて

muteplay/pauseplay/pause
Campaign
Course
Event
Partner
Media
Meetings
Travel Trade

ノルウェーの暮らし方

平等、自由…ワッフル。ここはヨーロッパの郊外。食、伝統、暮らし方は少々変わって見えることもあるかもしれません。こちらからちょっとノルウェーについて知っていただければ幸いです。

ノルウェーの暮らし方ガイド A~Z

Allemannsretten

囲いのないノルウェーの田舎で過ごすことは、ただ合法なばかりではありません。積極的に推奨されているのです。「健康的で環境に優しく、幸福感を与える余暇活動」と法律文でも書かれているとおり。1957年に通過したこの「屋外娯楽法」(Allemannsretten)では、ゴミを持ち帰り、自然を尊重しているかぎり、好きなだけアウトドアを楽しむことができるのです。
 

Basehopping

ベースジャンプのことです。ノルウェーの山は決して高くはありません。それでも勇壮なもので、雪化粧した頂が海から突き出し、切り立った崖は1000メートルを超えます。そのため、ベースジャンプなどのエクストリームスポーツにピッタリの世界的なトップスポットがあります。ウイングスーツジャンプの360度ビデオで証明しましょう。
 

Cocktail(カクテル)

まったく新しい形のカクテルが生まれており、ノルウェー系のカクテルバーが東京でもオープンしています。ほとんどのノルウェー人は、外出すればビールですが、この数年であちこちにマイクロブルワリーができており、今やビールの銘柄やスタイルは百花繚乱です。

Dugnad

ノルウェーでは、為すべきことがあるときは、しばしば「dugnad」が解決してくれます。自由意志による手を結集させること、そしてこれをやり遂げる精神を表す言葉です。
 

Energi

エネルギー、ノルウェー第一の収入源です。ノルウェーは、60年代後半にノルウェー海域で豊富な石油の埋蔵を発見しました。政府は収入を上手く割り振り、世界を牽引する社会福祉、医療、手堅い最低賃金、合理的な労働時間を実現しました。こうしてノルウェーは暮らしやすい国ランキングの常連になっています。
 

Fårikål

いかにもノルウェーらしい料理を聞かれれば、多くの人が「フォーリコール」(fårikål)を選ぶでしょう。直訳するなら「羊肉入りキャベツ」です。毎秋、たくさんの家庭がマトンかラム肉をキャベツとコショウの実と一緒に煮込み、ジャガイモを添えて食べます。

Geitost

ノルウェー語には、パンに乗せる具全般を指す「pålegg」という言葉があります。中でも人気が高く、ノルウェーらしさに強く結び付いているのはブラウンホエイチーズ。特にヤギ乳で作ったもの(geitost)です。キャラメルの味がして、シャープさが利いています。ぜひお試しください。
 

Hjerteformede vafler

ハート型のワッフル。ノルウェー人がお祖母ちゃんを訪ねるとき、ワッフルを楽しみにしています。鉄器で焼き上げる甘い名物で、礼拝後の教会やフリーマーケット、ご近所さんの訪問時などでも人が誘われてきます。ノルウェーワッフルは柔らかくてハート形をしています。四角はありません。
 

Ideologi

イデオロギーです。第二次世界大戦後、社会民主労働党はノルウェー再建の重要な役割を担い、労働者の権利が優先事項となりました。今日では、ノルウェー人は全般的に勤務時間が短く、代わりに通常は男性も女性も働きます。上司が部下と一緒に昼食を食べ、著名な政治家が自転車で出勤するフラットな構造は、ほとんどの人にとって誇りとなっています。

Janteloven

「自分を特別だと思ったり、我々(皆)よりも優れていると思わないこと」ノルウェー人作家のAksel Sandemoseが1933年に定義した「ヤンテの掟」の要旨です。個人の表現や功績を抑えるスカンジナビアの不文律を言葉で表したものです。この頃は多くの人が反対しています。
 

Kos

心地良さを意味する「kos」は、ノルウェー人の心を理解するために欠かせない言葉です。しばしば気候が厳しいノルウェーでは、何とかして屋内で過ごす時間を楽しくしようとします。暖炉、暖かいブランケット、焼き立てのペーストリーにキャンドル。できました。これが「kos」です。
 

Lavvo

ネイティブアメリカンのティピーに似たラーヴォとは、サーミ族の伝統的な仮住居(テント)です。遊牧民のサーミ族は、冬の間はノルウェー極北のフィンマルク台地でトナカイの巨大な群れを追うため、今でもこれが使われています。  

Monarchy(君主)

ノルウェーは立憲君主国です。つまり、国王が正式な国家元首であるものの、その公務は主に象徴行為と式典臨席です。立法権と行政権は国会にあります。 

ノルウェー王室の構成は、ハーラル国王陛下、ソニア王妃陛下、ホーコン王太子、メッテ=マリット王太子妃、イングリッド・アレクサンドラ妃です。

Nerder

いわゆるオタクの意味です。バイキングの遺産のせいか、ノルウェー人はかねてからファンタジーに目がありません。2000年代初頭には、『ロード・オブ・ザ・リング』のプレミアチケットを手にしようと、数週間前から映画館の外でエルフやホビットの仮装をした人たちがキャンプしました。今ではますます多くの人がゲームからコスプレ、バイキングメタルまで、サブカルチャーを誇りにしています。

Ovale weekends(卵型の週末)

ノルウェー人は、特に多くの人が山荘を利用することから、「卵型」の週末(連休)好きなことで有名です。金曜日に休暇を取る言い訳があれば(例えば祝日と週末に「挟まれている」など)、家族を集めて車に美味しい食べ物や薪を積んで高地に出掛けることは普通です。
 

Pride-festivaler

ゲイ・レズビアンの受け入れと平等の権利は、ノルウェーでは数十年という長い時間を掛けて成熟し、2009年より同性婚が認められています。ノルウェーの複数の都市がLGBTの権利を呼び掛けるプライドフェスティバルを毎夏主催しています。
 

Quisling

「フィヨルド」や「スキー」は、日本語や英語の辞書にも載っているノルウェー生まれの言葉です。悲しいことに、「Quisling」も英語になっており、敵の占領軍に協力する人(売国奴)を意味します。由来は戦時中のノルウェー首相であったヴィドクン・クヴィスリングで、1940~1945年のナチス・ドイツによるノルウェー占領時に手を貸していました。
 

Raspeball

raspeball、klubb、raspekake、komle、kløbb、kumle、kompe、kump(e)、potetball、klot、ballと色々な呼び方をされ、調理法も同じくらい色々なノルウェーの伝統料理。でも基本はジャガイモの団子です。ノルウェー南部、西部、中部の家庭に招かれたなら、おそらくこれが振る舞われるでしょう。

Ski

スキー、国民的スポーツです。ノルウェーのスキーには様々なスタイルがありますが、ほとんどの人には「langrenn」あるいはクロスカントリースキーがおなじみです。大部分のコースがあらゆる人に無料で解放されているので、手軽にできるようになっています。
 

Tur

ノルウェー人は、機嫌を悪くすると散歩に行きます。近所を歩き回るのも良いですが、ほとんどの人は自然と森に誘われます。森が近くになければ、近くの丘や山が代わりになります。ちなみに、多くのノルウェー人は、春や夏に比べて秋や冬にご機嫌斜めになりやすいことが分かります。日光が少なく「tur」(散歩)が足りないせいです。
 

Ullevaal Stadion

ノルウェー人のプライドといえばウインタースポーツ(おそらく得意だから)ですが、それでも一番規模が大きく人気のスポーツはサッカーです。全席着席方式で28,000人を収容するオスロのサッカースタジアム「ウレヴォール」(Ullevaal)は、サッカーノルウェー代表のホームグラウンドであり、ノルウェーカップ決勝戦の舞台です。
 

Voss ekstremsportveko

山間の村ヴォス(Voss)は、毎年恒例でエクストリーム・スポーツ・ウィークを開催し、世界中からアドレナリンを求める強者が集います。山岳や氷河、急流、断崖、湖が自慢の地域です。地元住民が「Veko」と呼ぶ所では、ベースジャンプやホワイトウォーターカヤック、マウンテンバイキング、カイトサーフィン、パラグライダーなど、恐れ知らずのスタントでいっぱいです。
 

Wergeland, Henrik(ヘンリック・ヴェルゲラン)

しばしばノルウェーの憲法記念日5月17日の起こりになったとされるノルウェー人作家(1808~1845)です。ノルウェー憲法は1814年の同日に署名され、最初にデンマーク、次いでスウェーデンと400年続いた「統一」を経てノルウェーを独立に導きました。この日は盛大にお祝いします。喜びや連帯性、楽しみのお祭りで、観光客にとっても貴重な体験になるでしょう。
 

X Games

ノルウェー初のXゲーム大会が2015年にオスロで開催されました。オスロは「世界ウインタースポーツの首都」になると張り切り、政府はオスロを「文化とスポーツをコンパクトに楽しめる世界最高の場所」として売り出すつもりです。
 

Yggdrasil

北欧神話では、ユグドラシルは天と地を結ぶ「生命の樹」です。バイキング文化といえば略奪と暴力を連想されるかもしれませんが、美しさもあり、彼らの経験や世界観からは学ぶこともあります。今では多くのノルウェー人がこの遺産を再発見しようとしています。
 

Znort (Frank Znort Quartet)

ノルウェー伝統の大酒が土曜日の夜を締めくくります。本当に強い人だけが翌日まで飲み続けます。伝説的なジャズ・パンクバンドのFrank Znort Quartetは、1998年より毎週日曜日にライブを行うことで、パーティースターターとしての地位を確立しました。オスロンの「Blå」に行ってみて、ノルウェー人が言う「ブルーマンデー」を体感してみてください。

 

Your Recently Viewed Pages

Back to Top

Ad
Ad
Ad