Dynamic Variation:
Offers
x

There was not an exact match for the language you toggled to. You have been redirected to the nearest matching page within this section.

Choose Language
Toggling to another language will take you to the matching page or nearest matching page within that selection.
Search & Book Sponsored Links
Search
or search all of Norway
The Scream by Edvard Munch
Munch in Oslo.
Photo: VisitOSLO/Icecube Media

ムンクを訪ねて

muteplay/pauseplay/pause
Campaign
Course
Event
Partner
Media
Meetings
Travel Trade

オスロを出発点として、ムンクの生涯と作品が垣間見える歴史的な場所があります。

文:Morten Andre Samdal

ムンクの足跡を辿る一日

ムンク博物館で見事な作品コレクションを鑑賞して、エーケリー(Ekely)の住居・アトリエを訪ねたら、今度はオスロの外にも目を向けてみませんか?

ムンクは休むことを知らなかった人物として知られています。都会で安寧を見出すことはなく、オスロフィヨルド(Oslofjord)の長閑な島々や地方の荘厳な邸宅へ向かうことでこれを追求しました。

Munch pikene på broen
Munch pikene på broen .
Photo: Wikimedia Commons

激動の愛

中心街から1時間ほどの所にオースゴールストラン(Åsgårdstrand)があります。ホーテン(Horten)とトンスベルグ(Tønsberg)の間の小さな美しい街で、地元の美術館や工芸店がたくさんあります。

ムンクは1880年代の半ばからここで夏を過ごすようになりました。激動の愛が創作に掻き立てます。『憂鬱』や『孤独な人たち』、『声』、『別離』、そして代表作の一つ『桟橋の少女たち』など多くの絵画が生まれました。

ここで買った一軒家は、1947年より博物館として今日も開館しています。夏にはガイドウォークもあり、ムンクのここでの暮らしについて貴重な物語を聞かせてくれます。

景色の変化

オースゴールストランでいくつもの夏を過ごした後、ムンクはオスロフィヨルドの対岸にいました。ホーテンからしばし船に揺られてモス(Moss)に渡ると、イェロヤ(Jeløya)を訪ねることができます。

ムンクは1913年から1916年までここの堂々たる邸宅「Grimsrød」で暮らしていました。庭園からの眺め、明媚な半島からの景色、愛犬たち、帰路に就くガラス職人らを描きました。

美しい島々を散策すると、ムンクの生涯で「最も日常味ある」作品たちのインスピレーションとなった痕跡を感じ取ることができます。

オスロの見所は他にも

今から予定を立ててワクワク感を高めましょう。

×
Your Recently Viewed Pages

Back to Top

Ad
Ad
Ad