Dynamic Variation:
Offers
x

There was not an exact match for the language you toggled to. You have been redirected to the nearest matching page within this section.

Choose Language
Toggling to another language will take you to the matching page or nearest matching page within that selection.
Search & Book Sponsored Links
Search
or search all of Norway
Tjuvholmen and the Astrup Fearnley Museum in Oslo from the air
Tjuvholmen in Oslo.
Photo: Benson Kua / CC BY-SA 2.0
Campaign
Course
Event
Partner
Media
Meetings
Travel Trade

オスロ中心街のウォーターフロントエリアが生まれ変わっています。美術館やレストラン、洗練された都会の暮らしが1ヶ所に集まる地区の誕生です。

建築イノベーション

ニューヨーク・タイムズ紙は、2013年のおすすめ観光地46選にて、オスロを「輝く準備ができた」(ready to shine)と形容しました。なぜでしょう。チューブホルメン(Tjuvholmen)島とアストルップ・ファーンリ(Astrup Fearnley)現代美術館がその理由の一つです。2012年9月の開館以来、その建築を称賛する声が広がり続けているのです。

「かつては乱雑で行くに値しない工業地であったオスロのチューブホルメン島は、文化的な都市旅行に理想的な目的地へと姿を変えた」 2013年4月 ファイナンシャル・タイムズ紙

Tjuvholmen, Oslo

Tjuvholmen, Oslo.
Photo: VisitOSLO / Thomas Johannessen ©Louise Bourgeois / BONO 2017

アートの島に建つアストルップ・ファーンリ現代美術館

著名な近代美術館が2012年にKvadraturenから移転しました。その先はアーケル・ブリッゲ(Aker Brygge)に隣接するチューブホルメン島(意味は「盗人の島」)です。新館はレンゾ・ピアノ氏による設計で、7,000平方メートルの規模で7億クローネ(約100億円)を投入して建設されました。公共スペースと美術館を兼ね、船形の建物は水路をまたぐ3棟の独立したパビリオンになっています。帆形の屋根は1枚のガラス製で、内部のほぼ全体に自然光が射し込みます。ガラスのパレット、鋼、木は、ノルウェーデザインのシンプルさと一番大切な基本の追求を象徴しています。

アストルップ・ファーンリでは、企画展とお子様向けアートワークショップが通年開かれています。ジェフ・クーンズ氏、村上隆氏、ダミアン・ハースト氏、シンディ・シャーマン氏、リチャード・プリンス氏など名だたるアーティストの代表作が並びます。美術館周辺にはアートギャラリーやお店、住宅などが溶け合っています。すぐお隣は同じく近代美術をテーマにしたデザイナーズホテル「The Thief」です。

ウォーターフロントの芸術と文化

Bjørvika地区は、ノルウェー国立オペラ&バレエ劇場を中心としたウォーターフロントです。元は線路や輸送コンテナを作る工業地でした。現在は交通量の多い高速道路を巨大な歩行者天国へと再開発中です。やがてはオスロの文化的中心地に変貌していくでしょう。緩やかに傾斜するオペラハウスの屋根は待ち合わせ場所として人気です。オスロフィヨルドに面した真っ白な大理石のビーチに腰を下ろしてみるのもよいでしょう。

2020年には、現在のムンク美術館はビョルヴィカ(Bjørvika)に移転します。ムンクの世界が広がる13階建のモダンな建築で、キャリアのステージごとの作品(『叫び』もあり)、複数の展示エリアとワークショップが入る予定です。

同地区は急速に発展しており、2025年の完成時には、アパートやオフィス、複数の都市公園などもできる計画です。

バーコードビル、モダンな会社のカタチ

現代都市開発はBjørvika地区だけにとどまりません。この流れを受けて建設されたのは、中央駅沿いDronning Eufemias通りのバーコードビル群です。

22階建の白黒のオフィスビル群は、それぞれ12メートル間隔で区切られています。各ビルに個性があり、四角を特徴とした外観から「バーコード」という名称になりました。1階スペースは開放された歩道になっており、オープンエリアに彫刻が展示されています。

バーコードビルはモダンアートのように評価が分かれています。眺める位置や時間帯によって様々な表情を見せてくれます。

ウォーターフロントライフの新スタイル

港エリアのSørenga半島は、Bjørvika開発区に収まっています。公園が開かれ、オスロフィヨルドに桟橋が架かって生まれた地区です。フィヨルドを活用したノルウェー初の野外海水浴施設がSørenga遊歩道に組み込まれる予定です。

Mathallen、ノルウェーの台所

アーケル川(Akerselva)の河川敷は、かつては工業地域でした。ここでオスロ注目の新都市開発プロジェクト「Vulkan」が進んでいます。「Mathallen」の魅力は、地域社会と文化が食を中心として一つになっているところです。

ヨーロッパ的なマーケットホールの趣で、レストランやカフェ、八百屋、パブ、ベーカリー、魚屋などが入っています。ノルウェー地産の肉やチーズ、魚介類などの飲・食の生産者らが一堂に会し、絶品の数々で私たちの味覚を誘います。

Mathallenからアーケル川の橋を渡るとガストロパブ「Smelteverket」です。20枚の大窓が川に沿い、バーとして北欧一の全長を誇ります。Smelteverketの粋なメニューは、多種多彩なタパス式料理です。ビールメニューは常に変化を続け、いつでも世界中の上等なクラフトビールを揃えています。

エーケベルグ彫刻公園(Ekebergparken)

「Ekebergrestauranten」の近くにエーケベルグ彫刻公園があります。文化を鑑賞したり美食をいただいたりしながら、一息ついたり静けさを感じることができる場所です。

オスロ中心街から南東のなだらかな丘の上に63エーカー(東京ドーム約5.5個分)もの森林が広がり、国際的なアーティストらによる彫刻が点在しています。

オスロの芸術と文化は他にも

オスロは見所いっぱい。まだまだこちらからもご覧いただけます。 オスロ公式サイトも旅行情報が満載です。

×

オスロの見所は他にも

Your Recently Viewed Pages

Back to Top

Ad
Ad
Ad