Dynamic Variation:
Offers
x

There was not an exact match for the language you toggled to. You have been redirected to the nearest matching page within this section.

Choose Language
Toggling to another language will take you to the matching page or nearest matching page within that selection.
Search & Book Sponsored Links
Search
or search all of Norway
The Scream painting by Edward Munch
Oslo.
Photo: VisitOSLO / Munchmuseet
Campaign
Course
Event
Partner
Media
Meetings
Travel Trade

オスロ屈指の眺望からエドヴァルド・ムンクはインスピレーションを見出しました。そこで生まれたのが世界的な名画『叫び』です。

文:Morten Andre Samdal

こだまする『叫び』

ムンクは1893年の晩秋にニースで『叫び』を描きました。あのアイコニックな構図を閃いた場所とは遠くかけ離れています。この場所はいつでも訪れることができます。Ekebergskrenten(エーケベルグの丘)に行くには、オスロ東の旧市街地から草木が生い茂って曲がりくねった急な坂道の一つを上ります。

エーケベルグ(Ekeberg)は、モダンなレストランや新しい彫刻公園、圧倒的な見晴らしで人気の観光地です。細道を歩いていると、オスロの街が姿を現します。見えるのは、栄誉ある賞を獲得してきた名建築オスロ・オペラハウス、2019年に新たなムンク美術館がオープン予定でまだ空の土地、そして遠くに国内外の近代美術を展示する代表的なアストルップ・ファーンリ現代美術館。新館は伝説的な建築家のレンゾ・ピアノ氏による設計。その近くでは新国立美術館も建設中で、ムンクの作品もいくつか収蔵します。

Ekeberg, Oslo

Ekeberg, Oslo.
Photo: VisitOSLO/Tord Baklund

今日のアーティストや職人たちに人気の地区であるグリーネルロッカ(Grünerløkka)まで見えます。エドヴァルド・ムンクが貧乏画家として星空への長い道のりを歩み始めたのは、ここOlaf Ryes plassです。

今では、彼は世界的に知られた存在になりました。独特のスタイルを持つ表現力豊かな画家で、誰もが何らかの想いを持っているはずです。ところが、ムンクがノルウェー人であることを知る人はあまりいません。

ムンク研究の第一人者であるHans Richard Elgheim氏は語ります。「これにはいくつか理由があるでしょう。才能が開花した頃にドイツに住んでいたことを差し置いてみても、彼の美術にはノルウェーらしさというものが見られないのです。絵のテーマにはしばしば国が結びつくものですが、それがありません。ティーデマンやギューデなどノルウェーの巨匠に見られるような、ロマンティックな国のプレゼンスが影を潜めています」ムンクは違うようです。「それよりも人生や愛、死、不安に関わる実存主義的な問いに狙いを定め、追求しました。表現派であり、感情を直接キャンバスに描き出したかったのです。しきたりや特定の画法に隠れるタイプではありませんでした。彼はパイオニアであり、その美術は普遍的です」

エドヴァルド・ムンク

数千ページにもわたる彼の回想の中、美術史を変える道を振り返った文があります。

「私は二人の友人と道を歩いていた。それから日が沈み、突如として紅が空を染めた。私は立ち止まり、死の欄干にもたれた。青と黒のフィヨルド、血と炎の舌の都市を見下ろす。友人らは先を行き、私は独り不安に震えていた。それは自然の中をこだまする無限のけたたましき叫びのように感じたのであった」

「孤独な天才」ムンクにまつわる神話はたくさんあります。波乱、不安、終わりなき自問の生涯でした。父のように信仰に慰めを得ることはありませんでした。彼を救ったのは絵であり、描き出したのは自分自身の心です。

「編み物をする女性や読書をする男性を描くのは終わりなのでしょう。息をして感じる人、愛して苦しむ人を私は描きます」彼は言いました。

1916年から1944年の死まで、ムンクはエーケリー(Ekely)とオスロ・Skøyenのスイス式別荘で暮らしていました。最期の時まで精力的で、エーケリーで過ごした28年の間、繰り返し登場するモチーフがあります。別荘を取り囲む変わった森、地方の景色、女性の肖像です。ムンクが住居を購入した当時、そこはSkøyenの工業地とVestre Akerの農地の間で、古い保育所が建っていました。ほんの数キロ東のフログネル公園では、同じ頃に同世代のグスタフ・ヴィーゲランが世界的に有名なヴィーゲラン彫刻群を制作していました。

Ekely

Ekely.
Photo: Munchmuseet

エーケリーでは、ムンクのスタジオが今も活用されています。国内外の志高き芸術家たちが通い、今でも高い影響力を持つムンクの遺志を継いでいます。施設全体が一般公開されることがあるため、訪問時期の開館日時を確認しておきましょう。

ムンクが「永遠に新しい近代美術家」と呼ばれるのには由縁があります。最近、国内で名高い現役アーティストのBjarne Melgaard氏がトイエン(Tøyen)の現ムンク美術館にて、ムンクの絵画を解釈した作品とその原画を並べて展示しました。賛否両論を恐れぬ行動がノルウェーのアートシーンで物議を醸しました。ムンクの面白さはまさにそこにあります。彼の作品はいつでも現実の形になり、今でも強い反応を呼び起こすのです。

オスロの見所は他にも

今から予定を立ててワクワク感を高めましょう。こちらから絞り込み検索でお得な情報をチェックできます。

×
Your Recently Viewed Pages

Back to Top

Ad
Ad
Ad