Dynamic Variation:
Offers
x

There was not an exact match for the language you toggled to. You have been redirected to the nearest matching page within this section.

Choose Language
Toggling to another language will take you to the matching page or nearest matching page within that selection.
Search & Book Sponsored Links
Search
or search all of Norway
Aurlandsdalen
Aurlandsdalen.
Photo: Thomas Rasmus Skaug / Visitnorway.com

ノルウェーの秋

muteplay/pauseplay/pause
Campaign
Course
Event
Partner
Media
Meetings
Travel Trade

9月から11月には、日は短くなり、空気が澄み、食が豊かさを増し、色彩が鮮やかになります。秋は、快適なアドベンチャーにオシャレ、心の込もった料理の季節です。

彩りの中でノルウェー探検

ノルウェーの秋は、気温と気候が鮮やかに移ろいます。夏の名残りは10月まで続くものの、11月上旬には雨が雪へと変わることもあります。秋の訪れを告げるのは、黄色や赤色に染まる木々やヒース(荒地)に落葉です。

華々しい色彩は、秋の自然が輝きの盛りを迎えていることを知らせてくれます。この時期の山間部はひときわ美しく、10月の秋休みには、多くのノルウェー人たちが家族を連れて山や森へハイキングに行きます。

ちなみに、ノルウェーの都市部はほぼ全てが自然の近くにあります。街は過密というものを知らず、芸術の秋は文化的な体験をするにも最適です。美術展に文学フェスティバル、世界に羽ばたく未来のスターを近くで見られるクラブコンサートなど。

秋季には、ココアとキャンドルをお供に屋内で団らんもします。「kos」という感情があります。安心感や温かみ、一緒にいられる心地良さからふっと湧いてくる幸せな気分。日が短くなって冷たい雨が窓を叩く日々にはとても大切にされていることです。

秋にはもう一つ大事なことがあります。それは収穫。ノルウェーの食文化はこの頃に少し変化を見せ、寒い気候に合った地元の食材やじっくり調理したリッチな料理が好まれるようになります。

最新の天気予報

ノルウェー気象研究所とノルウェー放送協会(NRK)が提供するYrの天気予報。YrのiOSAndroid無料アプリをダウンロードしてください。

ノルウェー人が秋にしている10のこと

ロレル・デジャルダン(Lorelou Desjardins)さんはフランスで生まれ、2010年からノルウェーで永住しています。彼女のブログ「A Frog in the Fjord」(英語)では、外国人が初めての文化で出会う現実について書いています。ノルウェー人とノルウェー式の暮らし方について、ウィットを利かせて考察しています。ここでは、秋のノルウェーでできる10の面白いことをご紹介しましょう。

1. ラバーブーツを買って森のアンズタケ狩りに行く。

2. 小さなキャンドルを灯したり家を模様替えして「koselig」(心地良い)な空間を作る。

3. 冬支度をする。「tran」(液体の肝油)を1日1回摂取し、保温肌着を買い、ウールで帽子や手袋、マフラーなどを編む。

4. 「止まない雨」で陰鬱にならないように、天気予報のチェックをやめる。

5. 編み物やトランプ、聖歌隊など新しい活動を始め、一年で一番暗い時期の友人を作る。

6. 冬至が明けて日が長くなり始める12月21日までカウントダウンを始める。

7. ノルウェーの森や山に出かけて木々の美しい色を愛でる。

8. 1月のトロムソ国際映画祭(TIFF)のためにトロムソ(Tromsø)旅行を予約する。

9. カボチャスープを作って友人を「høsttakkefest」(感謝祭)に招待する。

10. カニを買って友人を「krabbefest」(カニパーティー)に招待する。もしくはノルウェー南部へ旅行に行ってカニを食べる。

旅行者の写真

旅行の秋

今から予定を立ててワクワク感を高めましょう。こちらから絞り込み検索でお得な情報をチェックできます。

×
Your Recently Viewed Pages

Back to Top

Ad
Ad
Ad