Dynamic Variation:
Offers
x

There was not an exact match for the language you toggled to. You have been redirected to the nearest matching page within this section.

Choose Language
Toggling to another language will take you to the matching page or nearest matching page within that selection.
Search & Book Sponsored Links
Search
or search all of Norway

白夜には夜更かしを
6月から8月にかけて、昼が長く夜が短くなります。真夜中の太陽が見られる北極圏に至っては夜そのものがありません。ノルウェーの夏はしばしば天気が安定しており、内陸部でも沿岸部でも気温は快適です。
Midnight sun over Lofoten
Midnight sun over Lofoten.
Photo: Jørn Allan Pedersen / Visitnorway.com

長くて寒い冬が明け、例年5月下旬から6月上旬頃にノルウェーに夏が訪れると、地元の人たちは外に出かけ、太陽をめいっぱい取り込みます。公園やビーチでバーベキューをしたりと、とにかく意気揚々です。さらに暖かさが増してくると、人もつられて温かくなってきます。

夏の気温は25~30℃になり、空気に湿り気はほとんどありません。夜でも暖かいことが珍しくなく、海や内陸と森の湖は多くが水温18℃を超え、水浴びが人気の遊びになります。

6月下旬から8月上旬の間は、全国が明るいままです。それでも、真夜中の太陽を見るならノルウェー北部へ行きましょう。北上するほど真夜中の太陽がたくさん見られます。地元流の楽しみ方なら、深夜にカヤッキングやハイキング、釣りに出かけたり、真夜中の太陽おすすめ絶景スポットに集まったりします。

ノルウェーでは、6月23日に夏至祭「Sankthansaften」(聖ヨハネの前夜祭)をお祝いします。沿岸部や山間部をはじめとして、ノルウェー全土でパーティーが盛り上がります。ノルウェー人たちには、焚火にかける情熱があります。2016年には、オーレスン(Ålesund)の住民たちが世界最大の焚火を組み上げました。

世界的に長い海岸線を持つノルウェーは、ボートライフが充実しています。あらゆる経歴の老若男女が夏の続く限り海に繰り出します。中でもノルウェー南部の数千という群島「skjærgård」が人気で、南海岸のほとんどの街がゲスト用港を整備しています。海の安全のしおりをご確認ください。

夏季は、ハイキング、サイクリング、キャンプの全盛期でもあります。山の雪はほぼ溶けて、多くの人々が自然の中で夏休みを過ごします。アウトドアレクリエーションはノルウェー人のナショナルアイデンティティ(国民意識)にとって大切なもので、なんと法律でも定められています。

最新の天気予報

ノルウェー気象研究所とノルウェー放送協会(NRK)が提供するYrの天気予報。YrのiOSAndroid無料アプリをダウンロードしてください。

季節の食べ物と飲み物

ノルウェーの森や山にはブルーベリーが多く、真夏にはノルウェー南部とやや北で熟れ始めます。7月と8月には、道傍で屋台が地元産のイチゴやサクランボを売っています。

太陽が顔を出すと、ノルウェー人たちも誘われます。野菜や魚、肉、鶏のバーベキューディナーはノルウェーの夏の伝統です。また、夏の訪れを感じると、大人たちはパブに集い、通りやビアガーデンに出てビールで乾杯します。「utepils」(野外ビール)は国民的行事で、毎年初めての様子が全国報道されます。太陽を浴びながらの今夏初ビール、見逃せませんよね。

おなじみの夏料理は採れたての魚です。特にサバのサワークリーム和え、新鮮なジャガイモ、キュウリのサラダは外せません。漁船直送のエビも絶品。すぐそこのドックでいただいたり、白パンにマヨネーズ、白ワインと合わせます。さらにさらに、サワークリームとフラットブレッドを添えた豚の塩漬けやマトン(羊肉)も夏の名物です。

旅行者の写真

たっぷり遊ぶ夏

今から予定を立ててワクワク感を高めましょう。こちらから絞り込み検索でお得な情報をチェックできます。

×
Your Recently Viewed Pages

Back to Top

Ad
Ad
Ad