Dynamic Variation:
Offers
x

There was not an exact match for the language you toggled to. You have been redirected to the nearest matching page within this section.

Choose Language
Toggling to another language will take you to the matching page or nearest matching page within that selection.
Search & Book Sponsored Links
Search
or search all of Norway

旅のヒント 五十音順

私たちは、ノルウェーの旅をめいっぱい楽んで幸せな気分になっていただきたいと願っています。良い思い出ができると、もう一度訪ねたくなります。そして一生の友人ができます。そのために旅をもっと楽しくするヒントをご紹介しましょう。

アクセス権


ノルウェーでは、国立公園を含めた田舎に自由にアクセスする権利が全員に与えられています。アクセス権について詳しくはこちらです。 

安全


何度でも遊びに来ていただきたいため、山、海、道路での安全のポイントをご覧ください。

インターネットアクセス


ほとんどの街では、カフェなどの公共の場でのモバイルデータか公共Wi-Fiによるインターネットアクセスが整備されています。人口の少ない地域だとモバイルデータはまばらになります。ほとんどのホテルでは部屋に無料インターネットアクセスを備えていますが、大事なことであれば、予約前にホテルに確認されることをお勧めします。多くのバス、高速バス、電車が無料の車内Wi-Fiを提供していますが、しばしば登録が必要で容量が限られます。

飲料水


ノルウェー全体で水道水の味が良好です。ボトル入り飲料水を買う必要はありません。

ノルウェーの山や森の湧き水はほとんどが飲用にも適した水質ですが、牧場を経由する水や氷河の溶け水は、有害微生物が含まれている可能性があるので避けてください。

LGBT


ほとんどのLGBT施設やサービスはオスロやベルゲン(Bergen)、トロンハイム(Trondheim)などの大都市にあります。

お買い物


ノルウェーでのショッピングについて知っておきたいことです。ご出発の前に、こちらから通貨と物価をご覧ください。

お金


ノルウェーの通貨は「クローネ」で、NOKと略されます。チップ、物価、相場はいくらでしょうか。

お酒


ノルウェーでワインやビールを購入できる法定年齢は18歳で、スピリッツ(高アルコール)の場合は20歳です。

ビールはほとんどのお店にありますが、平日は20時、土曜日は18時までしか販売していません。ワイン、スピリッツ、ストロングビールは、ほとんどの街にある「Vinmonopolet」の販売店のみで購入できます。

外国語


ほとんどのノルウェー人、特に若い世代は英語が通じます。

学校でドイツ語やフランス語、スペイン語などを学んでいる人も多いですが、習熟度はまちまちです。

Saved 'Emergency telephone numbers' widget plugins_core_textbox removed

喫煙


喫煙者の方には残念ながら、ほとんどの公共の場所で屋内の喫煙は禁止されています。ホテル、バー、レストラン、飲食物が提供されるその他全ての施設が含まれます。

ノルウェーで煙草を購入できる法定年齢は18歳です。

緊急の電話番号


  • 110:消防
  • 112:警察
  • 113:救急
  • 120:海上
  • 22 59 13 00:中毒情報センター
  • 1412 TDD(聴覚障碍者用テキストフォン)

結婚


ノルウェーで結婚することもできますが、計画が必要です。まずはノルウェー大使館に連絡して詳細を尋ねましょう

国際電話


ダイヤルする番号は、「00」に2~3桁の国コード(日本なら81)、市外局番(先頭の0を取る)、残りの電話番号です。例えば、日本の携帯電話(090)なら00-81-90-xxxx-xxxxのようになります。

ほとんどの携帯電話なら「00」の代わりに「+」(0を長押し)を使っても掛けることができます。

携帯電話から母国に掛ける場合、現地のプリペイドSIMカード(kontantkort)が最も安いでしょう。 

サマータイム


日光節約時間(DST)とも呼ばれるサマータイムは、いつも3月の最終日曜日に始まり、10月の最終日曜日に終わります。

夏に時計が1時間進められ、日照のある1時間を朝から夕方にずらします。ノルウェーの季節と気候はこちらです。 

祝日


ノルウェーの祝日は元日(1月1日)、労働者の日(5月1日)、憲法記念日(5月17日)、クリスマスおよびボクシング・デー(12月25~26日)です。移動祝日はイースター、昇天祭、ペンテコステ、ウィットマンデーです。

ほとんどのお店は祝日には閉店となり、公共交通機関は間隔と輸送容量を下げて運行することがあります。多くのレストランやバーは、クリスマス、ボクシング・デー、元日以外は営業しています。多くの博物館は日曜日と一部の祝日は開いていますが、しばしば翌月曜日には休館になります。

障碍をお持ちの方


ノルウェーの飛行機、電車、バス、フェリー、お店は、全般的にバリアフリーに配慮しています。それでも少しの事前計画があると、移動がずっと楽になります。障碍をお持ちの方向けのノルウェー旅行情報はこちらです

税関と規制


NOK 6,000相当以内であれば、以下の物品を関税や国内消費税なく持ち込むことができます(こちらはEU内の移動の場合で、他の地域からでは規定が異なります)。

  • 少量の酒類と煙草
  • EU/EEA圏内からは、合計10㎏の肉、肉製品、チーズ、ドッグフードとキャットフードを除く食料品。EU/EEA圏外からは、肉、肉製品、牛乳、乳製品を持ち込むことはできません
  • 合計NOK 25,000相当のノルウェーおよび外国紙幣・貨幣

特別許可なく以下の物品を輸入することは禁止されています。

  • ドラッグ、医薬品、毒物(個人用の少量の医薬品は許可)
  • アルコール度数60%以上の酒類
  • 武器、弾薬
  • 花火
  • ジャガイモ
  • 哺乳類、鳥類、エキゾチックアニマル
  • 植物、その栽培用の一部

ノルウェー入国時の税関規則について詳しくは、ノルウェー税関までご確認ください。

タイムゾーン


ノルウェー全国で中央ヨーロッパ時間(CET)を採用しています。協定世界時から1時間進んでいます(UTC+1)。

低予算旅行


大丈夫です。低予算旅行のヒント10をご覧ください

電気


220ボルトAC(50Hz)がノルウェーの標準です。

ヨーロッパ大陸標準のソケットを使用します。

ノルウェーの電気はほぼ全てが水力発電のため、配慮してお使いください。

ドローン

ドローンや類似のリモコン式飛行装置は、一般的にドローン操縦者と無関係の人、乗り物、建物から150m以上離れている必要があります。飛行は日中のみ可能で、地面または水面から高度120m以内とします。明確な許可がない限り、空港から5㎞以内の飛行はできません。装置は常に操縦者の視界にあることが条件で、飲酒操縦は禁じられています。

全ての飛行は、周囲の人、鳥、その他の動物、私有財産、公共空間、展望台などの観光地などに配慮して行うことが求められます。条例、特例のほか、前述の全活動が法律で禁止される軍用地およびその他の特殊規制区域については、それぞれの目的地でご確認ください。ドローンの使用について詳しくは、ノルウェー民間航空局サイトをご覧ください

荷物ロッカー


荷物ロッカーはオスロ中央駅(Oslo S)にあります。所持品はいつでもロッカーに預けることができますが、駅が閉鎖する01:10~04:30の間はアクセスできなくなります。ロッカーの利用料金は現金、Visa、MasterCardで支払うことができます。

ビザ要件とパスポート


EU/EEA圏外からの旅行者は、訪問者ビザの申請が必要となることがあります。必要の有無はudi.noで簡単に確認できます(日本は90日間の滞在まで不要)。

シェンゲン協定国からの場合はノルウェー入国時にパスポートやビザが不要ですが、有効で十分な身分証明書を提示する必要があります。欧州連合のIDカードかパスポートが推奨されます。

スヴァールバル(Svalbard)諸島の上陸と居住に関する規制は、ノルウェー本島での規制と異なります。スヴァールバル諸島はシェンゲン協定外です。ノルウェー当局はスヴァールバル諸島の訪問にビザは義務づけていないものの、ほとんどの交通機関がスヴァールバル諸島とノルウェーを結んでいるため、ノルウェー/シェンゲン協定国入りにビザが求められる外国人は、シェンゲン協定国を旅行するための有効なビザが必要になります。
sysselmannan.noにてスヴァールバル諸島上陸についてご確認ください

欧州健康保険カードはスヴァールバル諸島では無効です。そのため、ご旅行の前に旅行保険のご契約が推奨されます。

服装

ノルウェーの天気は毎日変わりやすいため、重ね着できる衣服を持って行きましょう。これなら気温に合わせて調節できます。また、暖かいジャンパー、防水コート、傘のいずれか1つ以上のほか、快適なウォーキングシューズ、ブーツかスニーカーを持つようにしてください。

冬のご訪問の場合、オーバーコート、マフラー、手袋、暖かい靴かブーツが必要です。

秋春では、防水のズボンやブーツがおすすめです。

夏は軽装で大丈夫ですが、特に山間部など、夏でも夕方や夜になると肌寒いことがあるのでご注意ください。

ペット


旅行前に余裕を持ってノルウェー食品安全機関の説明全文に目を通しましょう。

全てのEU加盟国からの犬、猫、フェレットには、ペットパスポートとIDマーキングが必要です。スウェーデンを除き、有効な抗狂犬病ワクチンも義務づけられています。また、ほとんどのEU加盟国からの犬は、到着の24~120時間前の間に認可された条虫治療を受けている必要があります。小型の齧歯動物、籠飼いの鳥類、ウサギには、ノルウェー食品安全機関が発行する有効な輸入許可が必要です。

特定の犬種はノルウェーでは禁止されています。ノルウェーは、高い認識と厳格な規則により、狂犬病を根絶した数少ない国の一つです。

EU非加盟国では、追加の規則が適用されます。ノルウェー食品安全機関サイトで見つからない詳細については、お住まいの国のノルウェー大使館または領事館にお問い合わせください。

有料道路


ノルウェーには多くの有料道路がありますが、そのほとんどは安く、支払いのために速度を落とす必要がありません。請求と車の登録の詳細をご確認ください

地元の人と通じる

言葉を理解できたら心強いです。地元の人は親近感を持って喜んで助けてくれるでしょう。こちらの基本フレーズ集をご活用ください。

はい=Ja
いいえ=Nei
ありがとう=Takk
すみません=Unnskyld meg
こんにちは=Hallo

電車=Tog
バス=Buss
地下鉄=T-bane
路面電車=Trikk
駅=Stasjon
空港=Flyplass

病院=Sykehus
緊急サービス=Legevakt
消防=Brannvesenet
警察=Politi

食べ物=Mat
飲み物=Drikke
お酒=Alkohol
ソフトドリンク=Alkoholfritt
ベジタリアン=Vegetar
アレルギー=Allergisk

レシート=Kvittering
お勘定=Regning
現金=Kontanter
クレジットカード=Kredittkort

日=Dag
週=Uke
月=Måned
年=År
今日=I dag
昨日=I går
明日=I morgen

月曜日=Mandag
火曜日=Tirsdag
水曜日=Onsdag
木曜日=Torsdag
金曜日=Fredag
土曜日=Lørdag
日曜日=Søndag

Your Recently Viewed Pages

Back to Top

Ad
Ad
Ad