Dynamic Variation:
Offers
x

There was not an exact match for the language you toggled to. You have been redirected to the nearest matching page within this section.

Choose Language
Toggling to another language will take you to the matching page or nearest matching page within that selection.
Search & Book Sponsored Links
Search
or search all of Norway
The Scream by Edvard Munch
Munch in Oslo.
Photo: VisitOSLO / Icecube Media

ムンクを訪ねて

muteplay/pauseplay/pause
Campaign
Course
Event
Partner
Media
Meetings
Travel Trade

オスロを出発点として、オスロフィヨルド(Oslofjord)周辺にムンクの生涯と作品が垣間見える歴史的な場所や原風景があります。

ムンク美術館とオスロ国立美術館(2020年まで閉館)で見事な作品コレクションを鑑賞して、エーケリー(Ekely)の住居・アトリエを訪ねたら、今度はオスロの外にも目を向けてみませんか?

ムンクの足跡を一日で

ムンクは休むことを知らなかった人物として知られています。都会で安寧を見出すことはなく、オスロフィヨルドの長閑な島々や地方の荘厳な邸宅などへ向かうことでこれを追求しました。

激動の愛

オスロ中心から1時間ほど行くとオースゴールストラン(Åsgårdstrand)。ホーテン(Horten)とトンスベルグ(Tønsberg)の間にある美しい小さな沿岸の街です。ムンクは1889年よりここでいくつかの夏を過ごしました。激動の愛が彼を創作に掻き立てます。『憂鬱』や『孤独な人たち』、『声』、『別離』、そして代表作の一つ『桟橋の少女たち』など多くの絵画が生まれました。

ここで購入した一軒家は、1947年より美術館として今日も開館しています。

小さなオースゴールストラン は、夏に芸術家たちが集まり、活動し、パーティに勤しんだ場所としての由緒もあります。今日では、芸術愛好家や旅行者が数ある地元の美術館やカフェ、手工芸店や骨董店ほか、諸々の小さなお店に集います。とりわけ多くの芸術家が住み、素敵な白塗りの木造住宅が立ち並ぶ通りでは、誰もがインスピレーションを受けることでしょう。夏季には、ガイドウォークに参加して ムンクのここでの暮らしぶりを知ることができます。

オースゴールストラン から南へ1時間半ほどにある賑やかな都市クラーゲリョー(Kragerø)は、ムンクが有名作品をいくつか描いた所です。地元の観光案内所が配布している地図を手に取ると、ムンクがモチーフを見出した場所が印で分かります。ムンクツアーでは、この港町の隠れた趣ある通りを発見することができるでしょう。

ちょっと景色を変えて

オースゴールストランでいくつもの夏を過ごした後、ムンクはオスロフィヨルドの対岸にいました。ホーテンからしばし船に揺られてモス(Moss)に渡ると、イェロヤ島(Jeløya)を訪ねることができます。

美しい島々を散策すると、ムンクの生涯で「最も日常味ある」作品たちのインスピレーションとなった痕跡を感じ取ることができます。

Refsnes Gods, Moss

Refsnes Gods, Moss.
Photo: Refsnes Gods
Restaurant Munch, Moss

Restaurant Munch, Moss.
Photo: Refsnes Gods

イェロヤ西側にあるホテル「Refsnes Gods」のレストラン 「Munch」では、エドヴァルド・ムンクによる原画8作品に囲まれながら、彼が好んだ郷土料理に舌鼓を打つことができます。

イェロヤは、ノルウェーと北欧を代表する美術施設である美術館Galleri RøedやGalleri F15も立地していることから、芸術愛好家にうってつけな自然の楽園です。

オスロの見所は他にも

今から予定を立ててワクワク感を高めましょう。

×
Your Recently Viewed Pages

上に戻る

Ad
Ad
Ad