Dynamic Variation:
Offers
x

There was not an exact match for the language you toggled to. You have been redirected to the nearest matching page within this section.

Choose Language
Toggling to another language will take you to the matching page or nearest matching page within that selection.
Search & Book Sponsored Links
Search
or search all of Norway

エドヴァルド・ムンクに影響を与えた女性たち

女性はムンク の美術と生活にとって外せない存在でした
世界を代表する芸術家の個人として画家としての人生に影響を与えた女性たちがいます。その世界を覗いてみましょう。
“Madonna” by Edvard Munch (1894–1895).
Photo: Nasjonalmuseet / Børre Høstland

ムンクは、作品をとっても社会への現代的な認識をとっても生粋のモダニストでした。彼はこのような言葉を書き残しています。「私はもう読書をする男や編み物をする女のいる部屋など描くことはない。息をして、感じて、苦しんで、愛する、生きた人を描く」

ムンクを作った女性たち

エドヴァルド・ムンクがわずか5歳だった頃、母のラウラ・ムンク(Laura Munch)(1837~1868)を結核で亡くしました。エドヴァルドと4人の兄弟・姉妹を育てるため、その妹のカレン・ビョルスタ(Karen Bjølstad)(1839~1931)が首都クリスチャニア(現オスロ)にあるムンク家のアパートメントに引っ越しました。1877年、エドヴァルドの姉ソフィー(Sofie)も結核で亡くなりました。

Laura and Edvard Munch
Laura and Edvard Munch.
Photo: Munchmuseet

ムンクに美術を教えた女性

ムンクの継母カレン自身が芸術家であり、幼きエドヴァルド・ムンクに美術の世界を見せました。

“Karen Bjølstad”, Edvard Munch (1889)
“Karen Bjølstad”, Edvard Munch (1889).
Photo: Nasjonalmuseet / Dag Andre Ivarsøy

ムンク初期の作品は、主に母と姉の急逝を中心に発展していくことになります。1885年とその翌年、『病める子』の第1作を描きました。そこにいるのは姉ソフィーと叔母・継母カレンです。

“The sick child”, Edvard Munch (1885–1886)

“The sick child”, Edvard Munch (1885–1886).
Photo: Nasjonalmuseet / Børre Høstland

他の家族

一方で、ムンクは妹のインゲル・ムンク(Inger Munch)(1868~1952)をはじめとする健康な女性の家族も描いていました。彼女はアーケル川(Akerselva)を初めて収めた写真家とされています。8キロメートルにわたってオスロを流れる緑の肺といったところです。

1892年、ムンクは『Inger in Black and Violet』を完成させました。

“Inger in Black and Violet”, Edvard Munch (1892)
“Inger in Black and Violet”, Edvard Munch (1892).
Photo: Nasjonalmuseet / Børre Høstland

芸術家の初恋

1885年、エドヴァルド・ムンクは人妻のMilly Thaulow(1860~1937)を相手に深い初恋を経験します。

別れてからもムンクは長くThaulowのことを忘れることができませんでした。それでもThaulowは同じ感情ではなく、別の男性と結婚しました。とりわけムンクにとって落胆をもたらしたのは、彼女が離婚したのに彼には目もくれず再婚したことです。この落胆は、生涯にわたって彼の女性関係に影を落とすことになります。

ちなみにThaulowは、後にノルウェーの報道で食とファッションについて記事を書く先駆けの一人として知られることになります。

1899~1900年に描かれた『生命のダンス』は、嫉妬のドラマの渦中にいるムンクとThaulowのカップルが主題となっています。

恋とドラマ

世紀末、ムンクはMathilde Larsen(愛称Tulla)(1869~1942)と激動の恋に落ちます。1902年晩夏、最後の逢瀬は、小さな海辺の街オースゴールストラン(Åsgårdstrand)にあるムンクの住居兼アトリエでのことでした。このとき、ピストルがムンクの左中指を撃つ事故とされる出来事があったのです。Larsenもムンクも正確に説明することができず、罪の所在が明らかになることはありませんでした。一つだけ確かなことは、ムンクがこれから第一関節なしで描き、活動を続けなければならないことでした。

1899年のLarsenとムンクの写真は夫婦のようにも見えるかもしれませんが、ムンクは結婚することはありませんでした。

Tulla Larsen & Edvard Munch
Tulla Larsen & Edvard Munch.
Photo: Munchmuseet

1905年、ムンクはLarsenと自身を表現した『Head by Head』を描きました。

“Head by head”, Edvard Munch (1905)
“Head by head”, Edvard Munch (1905).
Photo: Munchmuseet

夏を過ごした街の女性たち

『桟橋の少女たち』のテーマは、ムンク作品の基幹を成すものであり、12作が存在します。第1作を描いたのは20世紀入り間もなくのことで、これはオスロ国立美術館に収蔵されています。モチーフは小さな街オースゴールストラン に由来しています。

“The Girls on the Bridge”, Edvard Munch (1901)

“The Girls on the Bridge”, Edvard Munch (1901).
Photo: Nasjonalmuseet / Børre Høstland

戯れと友情

ムンクの女性関係は、しばしば両想いで刹那的かつ自然発生的な出会いが生涯の恋慕に変わることが多くなっています。

その好例がIngse Vibe(1886~1945)です。彼女は1903年に16歳にしてムンクに話しかけたと言われています。オースゴールストラン にあるムンクの住居兼アトリエを囲う柵に腕を置くという仕草でした。

“Ingse Vibe”, Edvard Munch (1903)
“Ingse Vibe”, Edvard Munch (1903).
Photo: Munchmuseet

二人は数十年の友情を育みました。今も残る手紙や絵葉書が物語っています。また、彼女の絵もよく描いています。

ある絵葉書には、オスロ国立劇場で女優をしていた彼女の写真が添えられ、次のようにしたためられています。「ちょっとご挨拶を送るついでに、私がいい子にしているときはどんなに綺麗か見せたかったの。かしこ Ingse」

Ingse Vibe, postcard (1905)
Ingse Vibe, postcard (1905).
Photo: Munchmuseet

1907年には、Ingse Vibeから別の絵葉書がエドヴァルド・ムンクに宛てられました。ノルウェーでは100年以上前の時代から女性がスーツを着てボートを運転するということが可能であったのだと分かります。

Ingse Vibe, postcard (1907)
Ingse Vibe, postcard (1907).
Photo: Munchmuseet

マドンナとマスター

ブローチをつけた婦人』は1903年のリトグラフ作品で、ムンクの恋人であったイギリス人ヴァイオリニストのEva Mudocci(1883~1953)を表現しています。モチーフはムンクの主要な作品『マドンナ』に近い相関があります。また、Mudocciはムンクの同年の2作品『ヴァイオリン・コンサート』と『サロメ』にも登場しています。ムンクは彼女が「1000年に1人の瞳」を持っていると言い、このような手紙を送っています。「私の心から零れ落ちた石をあげよう」

“The Brooch”, Edvard Munch (1903)
“The Brooch”, Edvard Munch (1903).
Photo: Munchmuseet / Halvor Bjørngård

「彼女は1000年に1人の瞳を持っていた」――エドヴァルド・ムンク

オスロ・エーケリーの女性の肖像

1916年から1944年の死まで、ムンクはオスロの元野菜園であったエーケリー(Ekely)で暮らし、活動していました。幾多の女性が肖像を描いてもらおうとエーケリーのアトリエを訪ねましたが、これらの作品の多くはあまり知られていません。

Ekely atelier, Oslo (1929)

Ekely atelier, Oslo (1929).
Photo: Munchmuseet / Munch-Ellingsen / Bono

ムンクのお気に入りのモデルの一人はBirgit Prestøeでした。ムンクをこのように形容して画家とヌードモデルの立ち位置を逆転させた人物です。「彼は若きアポロのように目安く美しく、老いるゼウスのように聡明だと思った」彼女はムンクの複数の作品でモデルを勤めます。その後、彼女は今ほど認められなかったモデルという職業での経験を報道陣などに繰り返し語ったことで有名になりました。

1924年とその翌年、ムンクはBirgit Prestøeを描きました。

Birgit Prestøe, Edvard Munch (1924)
Birgit Prestøe, Edvard Munch (1924).
Photo: Munchmuseet / Rena Li

エドヴァルド・ムンクは、生涯にわたって女性への情熱と拒絶の恐怖の間に葛藤します。結婚は芸術家としての志とは相容れないと考え、1944年、80 歳にしてこの世を去るまで独身を貫きました。

インスピレーション

Your Recently Viewed Pages

Back to Top

Ad
Ad
Ad